名鉄犬山駅徒歩10分!犬山市、扶桑町、大口町で肩こり、姿勢矯正なら!グーグルで口コミNo.1の実績!

さくら堂整体院
メールでのご予約はこちら

ブログ

「腰が痛いから座って休憩」の落とし穴

2018-06-26 カテゴリ: 腰痛

 

 

 

こんにちは!犬山のさくら堂接骨院・整体院です。

 

 

今日は、腰痛で気をつけたい’姿勢’のお話です。

 

 

 

いまや国民病と呼ばれる肩こりと並んで多いとされる腰痛。

 

 

 

痛みの強さや症状の持続に大小はあれど

 

 

腰痛知らずの人はまずいないと言ってもいいのではないでしょうか?

 

 

腰が痛くなってしまう原因は

 

 

 

ヘルニア・脊柱管狭窄症・脊椎分離症・すべり症・ぎっくり腰

 

 

にと様々ですが、

 

 

痛いという事実はどれにも共通していますよね。

 

 

 

そりゃ痛いから気になるんだもん。当たり前でしょうw

 

 

そしてそれは手術が必要なほど強烈なものから

 

 

重だるいような嫌な感じがズーーッと長く続くものまでたくさんです。

 

 

 

実際ボクも学生の頃にぎっくり腰は経験していますし、

 

 

 

ヘルニアの予備軍のような症状になったこともあります。

 

 

 

そのときに思ったことは、

 

接骨院?病院?

 

今から行けるのか?

 

ということ。

 

 

 

 

でも残念ながら実際はすぐには行けない時の方が多い。

 

 

 

 

そしたら、次に知りたいのは

 

 

 

「いかに早く良くするのか」

 

 

 

「どれだけ酷くしないのか」

 

 

 

 

 

もしボクが今ぎっくり腰になったとしたら、

 

 

ストレッチをする。

 

 

 

 

でもその前に、痛すぎて動けないときのほうが多い。

 

 

 

そう思うと、最初の大きな痛みを何とかして切り抜けたい。

少しでもクリアしたい。

 

 

 

ですよね。

 

 

 

 

 

分かりました

 

 

 

 

その方法をお伝えしましょう!

 

覚悟して読んでくださいw

 

 

 

 

すわって休むは間違い!?

 

 

疲れたときにはすわって休憩したくなりますよね。

 

 

でも実はこれ、

 

限られたときにしか使えないワザなんです。

 

 

 

 

 

 

何でもかんでもすわって休みさえすれば良い。

 

 

 

 

そんな甘い話は一切ございませんw

 

 

 

 

 

これで治るなら、動けなくなるほどには困っていないですからね。

 

 

 

実はすわった姿勢というのは腰にすごく負担のかかる姿勢なんです。

 

 

 

 

 

肋骨という壁のない、グラグラしたお腹・腰を骨盤と背骨のバランスだけで支えるわけですから、

 

 

 

 

負担がかかって当然です。

 

 

 

 

そして股関節が曲がった状態になるので、股関節を曲げてくる筋肉は常に縮んだ状態。

 

 

 

 

立とうとすると、無理やり伸ばしたような姿勢になります。

 

 

これが反り腰ですね。

 

 

 

 

座った姿勢は腰に良くない・・・

 

 

 

特に日本の昔ながらの畳の部屋に

座椅子で座るなんてのはもってのほかw

 

 

 

 

L字型に座る姿勢は骨盤が倒れ、

 

 

背中が曲がる姿勢になってしまうので、

 

 

腰や背中の筋肉にストレスがかかり、硬くなってしまいます。

 

 

 

 

筋肉は本来ある程度の弾力性を持って伸び縮みしているので、

 

 

硬くなると無理やり引っ張るような形になり痛みが出てしまいます。

 

 

 

では、どうするのか

 

 

腰に負担の少ない姿勢は何かというと実は立った姿勢です。

 

 

思わずすわってじっとしてしまいがちですが、

 

 

立っている方が楽なんですね〜。

 

 

 

 

意外!

 

 

と思う方もいるかもしれません。

 

 

 

 

逆になんども腰が痛くなったことのある人は

 

 

 

 

立っている方が

楽!

 

 

 

なんてそんな経験があるかもしれませんね。

 

 

 

ぎっくり腰・ヘルニア辛い痛みのとき

 

 

 

痛みがあまりにも強いときは横になって休みます。

 

 

 

痛みが片側に寄っている場合は、

横向きで寝ます

 

 

 

痛い方を上にして寝てみてください。

 

 

 

そのときに脚の間にクッションや座布団をはさんでおくとかなり楽に寝られますよ。

 

 

 

 

 

 

仰向けに寝るときは、膝を曲げて膝の下にクッションを置いて休みます。

 

 

 

 

 

 

一番腰に良くないのは、うつ伏せで寝ること。

 

 

 

腰を反ってしまうので起きようとしたときに激痛が走ります。

 

 

安易にうつ伏せになってしまうとなかなか起き上がれないので、気をつけておきましょう。

 

 

 

腰が痛いときは姿勢が大事

 

 

姿勢だけでもこれだけ気をつけたいことがたくさんあります。

 

 

腰痛を改善するためには座り姿勢をなるべく減らすことが大切です。

 

 

 

 

デスクワークなど長時間座っている仕事の人はこまめに立ち上がったり、

 

 

 

休憩時間で軽い運動をすると良いですね。

 

 

 

 

 

 

忙しい時や集中しているときは、

 

時間を忘れてしまいがちですが

 

ご自分の体を大事にするために気をつけていきたいですね。

 

では、今日はこのへんで^^

初めての方限定キャンペーン!
24時間いつでも予約が可能♪